google-site-verification=cT5YvgqoYKO18l-8FZsWqAlARtvi5-I-0bXI7fbgKMc

Blog

2018.02.11

エイジング毛って?

私ももうすぐで50代になります(笑)。今年の話ではないですが(*^-^*)

私の髪も昔に比べて細くなりました。

年を重ねるにつれ、髪も細くなってきます。

パーマや縮毛矯正は、パーマ液を使いますが、そのパーマ液をエイジング毛の場合、使い分ける必要があります。

髪の構造をわかりやすく、とうもろこしに例えます。

若い頃は、とうもろこしにあたる粒が多くつやもあり髪も太いです。

これがだんだん少なくなってきて、髪が細くなっていきます。

すると粒を食べたとうもろこしの芯の様になっていきます。

こんな感じがエイジング毛です。

何かいつもの様にパーマや縮毛矯正しているのにちょっと違和感、感じて来たかな?と思われたら一度お気軽にご相談下さい。

今まで使っている薬剤がエイジング毛になっている事で作用しにくくなっているのかもしれません。

今は、幅広い薬剤が増えています。

肝心な髪質にあった薬剤を選ぶ事が大切です。

カラーでも塗ればどんなカラー剤でも確かに色は出ます。

しかし、水道水に含まれている髪表面に潜む金属イオンとカラー剤が反応してしまい、髪の痛み原因になる事が近年言われています。

それにちなんだカラーもご用意させていただいてます。

結果、仕上がる髪のツヤが違います。

パーマや縮毛矯正、ヘアーカラー時には、パウダーコラーゲンを入れさせていただくことお勧めしています。あとからでは意味がない同時お勧めメニューとなっております。

エイジング毛にパウダーコラーゲンは、とてもいいと思ってます。

髪にハリ、コシが出て、剥がれたキューティクルの接着効果も向上します。何より髪のツヤが違います。

あとは、髪のデトックス。今は、シャンプーだけでは落とせない汚れがついておられる方が増えました。

コーティングされた様な感じの髪にパーマや縮毛矯正、アルカリカラー剤は、浸透しにくくなります。

ヘアーマニキュアの場合は、マニキュアがよりしっかり付着します。

髪のデトックス、髪にコラーゲン配合、エイジング毛のパーマ、縮毛矯正の薬剤選択、カラー剤の薬剤選択は、お一人お一人違います。


若さと元気の秘訣に髪の艶は、欠かせません。

エイジング毛は、避けて通れない問題です。髪やは、こんな事考えていつもお仕事させていただいてます。

3月になれば、気持ち、気分も緩みます。もう少し寒い日が続きますが、頑張って下さいね。

サイト内検索

店舗名 髪や
所在地 〒573-1125 大阪府枚方市養父元町7番28号
TEL 072-851-2410[予約優先] メールのお問合せはこちら
営業日 平日AM9:00~PM7:00
土・日曜・祝祭日:AM8:00~PM7:00
毎週月曜日と第2と第3火曜日連休
交通 ●電車でお越しの方 京阪樟葉駅から車で約8分
●バスでお越しの方 京阪バス 養父元町下車徒歩3分